共有する大切さ

2013.01.13

こんにちわ。
主にアカウンティングを担当している中島です。

セミナーや懇親会等でちょくちょく話している事ではありますが、今回は改めてブログとして書き綴りたいと思います。

タイトルにもなっている”共有”という言葉。
これはどんな仕事にも大切になってくる事だと思いますが、特に制作の分野ではチームでの仕事が大事になってくる分、他の仕事より何倍もこの”共有”が重要になると思っています。もちろん僕はお客様と直接やりとりをする時や、社内で話をする時にも、この”共有”をできる限り行う事を心がけています。

今日はお客様との最初のアポイントから社内への共有までをお話したいと思います。

お客様とフルブライトが最初に出会う場に自分がいる、そこからが”共有”の始まりです。
会社紹介や案件のヒアリング、と最初は決まりきった事かもしれませんが、そんな中にちょっとした”共有”を入れる事によりお互いがずっと信頼できる関係になれると思います。
例えば、会社説明の時にも、最近社内で起こったちょっとした話題や、時事ネタを話す時に、フルブライトがどういった変化をしているか、それをお客様のどういった部分役立てていこうとしているか等を盛り込む事により、話す幅がぐっと広がり、ヒアリング等をしている時も話がスムーズに進みます。

次にお客様からの要望や概要を社内に伝える際の”共有”についてはとても重要です。
お客様からの言葉を伝えるだけではただの伝書鳩です。そこにどういった意味があり、どういった要望があり、その先に何を求められているのか、等の共有はいわずもがな。プラスアルファ自分の経験がものを言う、案件自体の独特な雰囲気を感じ取り、それも同時に共有する事がとても重要です。これがこの後の案件進行にとても大きく影響するからです。
例えば、1つの案件に何社もの会社が関係している場合、フルブライトとしての立ち回り方や、どこまでやるべきか、等は言葉で伝えるだけでなく、実際に関係性を絵に書いて伝える等をする必要だと思います。何かで迷った時にはこういった関係性を考える事により、余計な時間を使わず、最後まで良い関係で案件を進める事ができます。

仕事以外でも常に”共有”という事を意識するだけで、なんだか気分も楽になり、とてもポジティブになれますよ!
一人で抱え込んでいる悩み等も一度誰かと”共有”してみてはいかがでしょうか??

最後は人生相談みたいになってしまいましたが、またお会いしたいと思います。

4

一覧へ