WebRTC

2012.06.15

こんにちは、ショーンです。

今回はWebRTCについてです。

WebRTCとはWeb Real Time Communicationの略で、ブラウザ上でリアルタイム通信を可能にするAPIです。HTML5とJavaScriptを利用し、プラグインなしでカメラ、マイクへのアクセスが可能となります。
現段階ではChromeとOperaでのみ、ちょっとした設定をすることで実装が可能です。Chromeの場合、chrome://flagsからEnable MediaStreamをオンにします(まだExperimentalなので、自己責任で設定を変更して下さい!)。

このAPIのメリットは、ブラウザ上で今よりも簡単にリアルタイムコミュニケーションツールを実装可能にすること、また、JavaScriptで制御できるという点だと思います。
一方で、現段階で実際にテストをしてみてデメリットだと思った点は、メモリ消費が比較的大きく、デバイスに掛かる負荷もそれに比例して大きいところ。
これから更に開発が進み、全てのブラウザで標準装備されたら、素敵!!

こんな感じでテストしてみました!

jshcl

一覧へ