EC-CUBE2.12新機能プラグイン

2012.05.09

皆様、お久しぶりです。
アーキテクトの小山です。

先日、晴海にてEC-CUBEの合宿が開催されました。

この合宿では、EC-CUBE2.12に搭載される新機能のプラグインを開発するのが目的で、
コミッターの皆様に混じってフルブライトからも私を含めて三人参加しました。

今までのEC-CUBEでは、モジュール機能はありましたが、他のオープンソースのようなプラグイン機能はありませんでした。

プラグイン機能の詳細は、tracにわかりやすい資料がありますので、そちらを御覧ください。

http://svn.ec-cube.net/open_trac/ticket/1783

EC-CUBEの本体が処理する中でフックポイントと呼ばれる、いわゆる”横入り“出来る場所が用意されており、
そこでプラグインの記述を入れられるようになっています。

何が素晴らしいのかというと、今までのカスタマイズではEXクラスに記述したり、SC系のコアなクラスに記述するので
他サイトに同じカスタマイズが必要な場合、マージ作業が発生していたのでそれが解消されるということです。
また、プラグイン自体のアップデートも可能なので、本体ががらっと変わったとしてもアップデートで修正が可能になります。

よく使う機能のプラグインを作っておけば、それ以降はプラグインをインストールするだけでいいので他の部分に時間を割くことが出来、非常に効率的になるんですね。

また、トランスフォーム機能を使用して、デザインだけ変える事も可能なので、フォントを変えるプラグインや色、形を変えるプラグインなんてことも出来るようになっています。

便利なプラグインをたくさん開発して、EC-CUBEをもっと便利にして行きましょう!

lab-php5

一覧へ