ASDocに書き出す

2010.12.20

ASDoc(以下アレ)はAdobeが公式のリファレンスで使用してるアレみたいなやつです。

Adobeのアレ⇒http://help.adobe.com/ja_JP/Flash/CS5/AS3LR/

少し大きなライブラリを作ろうと思うとなかなか管理が難しくなってきますが、アレみたいに書き出しとけば後々おいしいです。

アレに書き出すほどちゃんとしたライブラリなんかつくっt とりあえず書き出しかたを書いておきます。

アレを書き出すには Flex SDK に同梱されている bin/asdoc.exe を使用するのですが、コマンドラインでいちいち入力するのは大変なので、FlashDevelopを使用した書き出しを載せておきます。

①日本語版FlashDevelopのメニュー > ツール > Flash ツール > ASDoc ジェネレーター を選択します。

②上の画像の様な小窓が立ち上がります。

Page title 、出力先、ASのバージョンを指定、ライブラリの保存されたパスを入力して「Generate!」をクリックします。

あとは書き出しが終わるのを待つだけです。

うまく書き出されない方はまず Setting タブのSDKのファイルパスが設定されているか確認して下さい。

Flex SDK のファイルパスを設定して「Save Setting」をクリックして再度①の手順を実行すればうまく書きだされるかと思います。

それでもうまく行かない場合は Output タブの出力をチェックしてソースにバグがないかチェックして下さい。

説明が分かりにくいという方は flabaka さんの記事( http://flabaka.com/blog/?p=2326 ) を読むと幸せになれるかもしれません。

flashlab

一覧へ